諏訪内晶子vn/クリストフ・エッシェンバッハ/パリ管@サントリーホール(11/8)

ティーレマンショック冷めやらぬまま、あんなブラ1は他では聴けないのでCDを聴くでもなく、とりあえず手持ちのブル5を片っ端から聴いてる今日この頃。
なんとかチェリの東京ライブ盤で飢えが癒されるも、アーノンクールWPhでは速過ぎるなどと贅沢になってしまいました。
それでもチェリのEMI盤、カラヤンBPO盤、ヴァントのケルン放送響盤などまだまだ手元にあって、さらにティーレマンMPO、ヴァントBPOのSACD盤、ショルティCSO盤などをHMVネットショップのショッピングカートに入れてある……(未発注)。

そんなわけでゲルギエフ/マリインスキー管の演奏も良いことは良かったけど、ティーレマンの衝撃を上回ることなく、昨夜は今日と同じパリ管だったが假屋崎省吾の会場でのふるまいに不快感を覚えて演奏の印象が三割減て感じで薄まって。
このままでは今年の11月の来日オケのシーズン(在京オケも聴くけど)のこれからが味気ないものになってしまうのではなかろうか、最初に超弩級聴いちゃって困ったなぁ……などと思っていたんですが、それをひっくり返す演奏に出会ってしまいました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティーレマン/ミュンヘン・フィル@サントリー(11/4)

終わり悪ければすべて台無しとイニシエより申しますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今日もサントリーホールまで行ってきました。
聴いたのはクリスティアン・ティーレマン指揮、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団で、ブルックナー交響曲第5番変ロ短調。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ティーレマン/ミュンヘン・フィル@サントリー(11/3)

さて、コンサートの感想アップを再開しようと思う。
感想を書かねばと思うと負担になって、結局書かないでお終いということも多い。
ミクシィの日記には仲間内ゆえの気楽さで書いてる部分もあるが、見知らぬ人の目に触れるとなるとそうもいかないからだ。
でも今日、久しぶりに感動的なコンサートに出会った。
ミクシィにアップしたものに手を加えて、ここに掲載する。


圧倒的、と思えるコンサートがある。

良い演奏だった、上手かったね、という演奏なら山ほどある。

そうではなく、耳馴染みのはずの曲なのにまったく別の初めて聴くような感動がもたらされる、一年に一度出会えるかどうか、そんなコンサート。
ここ数年でいえば、2004年のS.ラトル/ベルリン・フィル@ミューザ川崎や、昨年のM.ヤンソンス/ロイヤル・コンセルトヘボウ@サントリー・ホールなどがそうだ。
それぞれで、ハイドンとブラームス、ドボルザークの交響曲でぼくに新鮮な感動を与えてくれた。

今日のクリスティアン・ティーレマン指揮、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏も、そんな圧倒的な演奏会の一つだった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想、いや希望(F1チャンピオンシップの行方)

以下の文章は, 10月9日にミクシィの日記に書き込んだものだ。 細かなディテール...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年コンサート/ライブ予定

前回の更新から丸一年経とうとしています。 すっかり最近はミクシィに潜ってしまいま...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山下洋輔プレイズ・ニューヨーク@Bunkamuraオーチャード・ホール(7/22)

ビッグバンドによる山下洋輔のJAZZ。
といってもベニー・グッドマンとかグレン・ミラーなどの曲ではない。

メインディッシュにガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」ビッグバンド編曲版。
そのほかビル・エヴァンスの有名な「ワルツ・フォー・デビー」や、同じくガーシュインの「サマー・タイム(Vo. Lady Kim)」、さらに山下洋輔の最新作「ミスティック・レイヤー」から何曲かをピアノトリオでなど、多彩なプログラムで飽きさせない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タクシーが嫌いだ

このblogの趣旨からすれば、日々の現実世界で起こる煩わしい事どもを書き連ねるのは本意でない。
あくまで、日ごろの悩みや苦しみを忘れさせてくれる妄想に浸るのが目的だ。

だが、今日はあまりに頭に来たので、書く。
読んで気持ちのいいものでもないと思われるので、不快になりたくない方は、「続きを読む」をクリックしないことをおすすめする。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

F1ドライバーの知られざる本名(F1-Live.com)

本名というか、あまり名乗られることのないミドルネームについての記事です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSEなし中古家電の販売、事実上容認(Yomiuri Online)

PSEなし中古家電の販売、事実上容認(YOMIURI ONLINE) PSE:マ...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (1)

泣きに泣いた日(WBC世界一、宮川泰)

WBC、日本が世界一になりました。
不覚にも泣いてしまいました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«今後の小林香織さんインストア・イベント予定