« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

EAGLES FAREWELL I TOUR@東京ドーム('04 10/31)

イーグルスのさよならツアーその1、に行ってきました。
席はアリーナで前から6列目、だけどはじっこ過ぎ(^^;) 右スピーカーのさらに外でした。

他所では「ホテル・カリフォルニアしか知らない」と書きましたが、三曲くらい聴き覚えのあるのがありました(苦笑)。

いやぁ、「ホテル・カリフォルニア」ってもう初めて知ってから20年以上経つんですけど、胸に滲みるねぇ。
ツイン・ギターソロのところでグッと来ます。
中学生当時FMを録音して、何度も何度も聴き返しました。
でも、LPレコードもCDになってからもなぜかアルバムは買ってないので、歌詞の意味知らないんですね、これが(^^;)
でも、音楽の力だけで泣けてくる。
こんどCD買おうっと。

FAREWELL I(1)ってのは、まるでII(2)があるみたいなことをにおわせる冗談だそうですが、トークで「また近いうちに会えるよ」みたいなこと言ってたんですね。ほんとかな? 期待しちゃいます。
また来るなら、その時までにCD聴いて勉強しておくから(笑)。

追記:東京ドームの2〜3階席は一切お客さんは入れず、1階スタンド席も空いてるところもアリ。
横浜アリーナはどうだったのかなぁ? ドームじゃキャパ大きすぎたのか。t.A.T.uには勝てるとしても。勝っても嬉しくないけど。

追記2:ステージの横でコンピューターでなにやらやってましたが、それに使われてたのはiMac G5でした。20型の広い画面は良さそうでしたね。下のDockにズラ〜っとアイコン並んでて。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

車を修理してみたけれど

ちょっと前のことですが、車を修理しました。
鈴鹿に行く前に雨のマリオン前でエンストしたことはチラッと触れましたが、その原因はオルタネーターという発電機が劣化していたとのこと。
この交換をしないまま鈴鹿行ってたんですが、帰ってきてから修理してもらいました。怖い怖い。

その時にもう一つ、メーターパネルを交換してもらいました。
鈴鹿の帰り、東名道を走っていて変なことに気づいたからです。
流れに乗りつつ追い越し車線を走っていると、時に100km/hを越える速度で走ることがありますが、アクセルを緩めても速度が落ちない。
体感速度としては80km/hくらいまで落ちてるのに100km/hのままとか。
で、メーターをコンっ!と指で叩くと表示速度がスコンっと落ちる。なんか引っかかってるみたいだったんです。

現在自分の車が時速何キロで走っているのか把握できてなければ、法定速度を守って走行することは難しいので、これは即修理です。走るのに支障が無いからといって放置できません。

ぼくはてっきり速度計の針の後ろのほうに注油するとか、速度計だけ交換するのかと思ったら、メーターパネル一式全交換になってました(^^;)

ということはもちろん、走行距離の積算計の数字も0になるわけで。新車で買った時より修理後の積算距離は少なかったです(苦笑)。

これって、中古で販売する時騙せちゃうんじゃないの?(^^;) ディーラーで正規に交換してもらったわけだけど、黙ってれば特に注意書きもないし。メンテナンスノートの記載とかチェックされるのかな。

積算計って車の履歴みたいなものだから、廃車まで交換しないことが前提の部品だと思うのだけど、10年も経ってないのにこんなことでいいのだろうか。
ちなみにメーター交換前には5万キロくらいしか走ってませんでした。9年目で5万キロだから、酷使してるってほどじゃないと思うのですが。

まぁそれにしても、1995年式の車が現在の総走行距離50キロくらいってのはありえないから、今すぐ売り払うわけにはいかないな(笑)。
いや、売りませんけどね、すごく気に入ってる車だし。
だからこそ、このところ毎年毎年車検費用に匹敵する額を修理代に注ぎ込みつつも乗り続けてるわけです(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「相談に乗ってくれるって本当ですか?」黒崎恵美の場合

以下のようなメールが来ました。

Date: Thu, 28 Oct 2004 14:54:22 +0900
From: 黒崎恵美 shake_shake_99jp@yahoo.co.jp
To: shake_shake_99jp@yahoo.co.jp

何でも相談に乗りますと書いてあったので思わずメールしてしまったのですが、
このアドレスでよろしいのでしょうか?  黒崎恵美


「このアドレス」って、To:が自分宛になってるじゃねーか(笑)
Bcc.で大量に送付したくせに、よくもまあこんなことが言えるもんだと。

ごめんよ恵美ちゃん、ぼくは人生相談はやってないんだよ。
でも、聞いてあげるだけならできるかもしれない。
だから気が向いたらメール送っておくれ。
聞くだけで、返信しないけど。

だから着信拒否設定にはしないでおくよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京JAZZ 2004 セレクション@NHK BS2

「東京JAZZ 2004」のダイジェストが25日深夜から3日間連続でNHK BS2でオンエアされています。
BS-hiでやったときに一部失敗したけど(^^;)ほとんど録画できているのですが、長すぎるためまだ全部は見られていないのが現状。
そこでオンエアを生で毎晩見てます。

各アーティスト2曲ずつしかオンエアされませんが、特に今晩のセレクトは良かった。

「S wonderful」
「涙そうそう」         (森山良子&島健カルテット)

「Long Train Running」
(クリヤマコト SUPER JAZZ FUNK PROJECT featuring 椎名純平)

「STREET WALKING WOMAN」
「Unbreakable」
(フライド・プライド special guest 村上“ポンタ”秀一)

「Better World」
「AFRICA」      (TOTO)

「SUPER UNIT featuring TOTO 〜Rocklt RELOADED」


森山良子さんは去年ですか? ジャズのアルバムを発表なさった新人歌手で(笑)。
“THE JAZZ SINGER”こちらのアルバムから“S Wonderful”と「涙そうそう」のジャズバージョン。
思わずアルバム欲しくなる歌声でした。


クリヤマコトって「新世紀エヴァンゲリオン」のエンディングで使われた『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』の人だよね?とかいう歪んだ知識しか無かったりするんですが(笑)。いや、実際彼のアルバムは「アンチテーゼ」「アンチテーゼ#2」の2枚しか持ってないので言い訳できませんが(^^;)
椎名純平さんのボーカルも良かったなぁ。“Long Train Running”のイントロのギター聴いただけで懐かしくて涙出そうになりました。


Fried Prideの二人はネットで評判が良かったので一枚だけアルバム持ってました。画面で見て「あれ? この二人組はもしや……」と思って歌いはじめたのを聴いて確信しました。
「ヒート・ウェイヴ」という洋楽のカヴァーアルバムなんですが、アマゾンのレビューも絶賛に近く、買って損はないと思いますよ。

そして説明不要のTOTO。

いやぁ、今晩の一時間は早く過ぎた。内容濃かった。


さて、ここで問題が(笑)。

BS-hiでほとんどオンエアは録ってあったので今回の放送は録画してないのですが、BS2のBモードステレオとBS-hiの5.1ch/AACってけっこう音質差があるんですよね。
途中でBSデジタルチューナーとDHR-1000(DVデッキ)のチューナー切り替えて聴き比べたんですが、中音域の厚みが全然違うんです。
ボーカルとかドラム、ベースの質感がよりパンチがあるというか、中身が濃い感じなんですね。
これだけ違うならDVで録っておけば良かったと後悔するくらい。
ただし、DHR-1000のBSチューナーは画にリンギングが出てて、これが見苦しいんですよ(^^;)。昔はDVの高画質の驚きのほうが強くて無視できてたんだけど、ハイビジョンの高精細画質を見てしまった後では我慢ができないくらい。
特にクラシックの場合ステージ上の人が多いので、NTSCよりHD画質で細かいところまで観れないと不満残るし。

以前にも何年か前にDVで録ったN響の定期と、最近D-VHSで録ったやはりN響の定期を聴き比べて、その音の密度の違いに驚いたことがあって音質差について覚悟はできてたんですが、クラシック以上にジャズみたいな音楽だと差が感じられてしまいました。

NHKの場合、たいていの音楽番組はBS2とBS-hiの両方でオンエアするけど、その両方を録画しておく経済的余裕は無いなぁ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

熊田曜子さん安田美沙子さん握手会(10/23)

行ってきたのである、熊田曜子さんと安田美沙子さんの握手会に(^^)

こういうイベントの時はいつもなんだけど、緊張してしまって相手の顔も満足に見た記憶が残らないというか、着てた服のことなんか全然覚えてなかったりする。

ではどんな衣装だったかというと、こんなだったのである。
こっちの報知は色がちょっとおかしい。

だいたい緊張するのは、なにを話そうかと考えているからである。
ありきたりの「頑張ってください」というのが悪いとは言わないが、それはみんなが言いそうなので別のことを伝えたい。特にひねったりしなくてもいいから。

まぁ今回は初めてだったので以下のような内容で。

自分「初めまして!」
安田「初めまして(^^)」
自分「集英社のイベントでナンですが、Sabraのグラビア見てファンになりました」
安田「ありがというございます。これからもよろしくお願いします!」

無難だ(笑)。
流れ作業の握手会ではなかったので、この会話は全て熊田曜子さんにも聞えていたはずだ。
とすると「あ、この人は私じゃなくて安田美沙子ちゃんのファンなんだ……」と思われた可能性がある(^^;) 最初の一言の時の笑顔が硬かったような……?

自分「初めまして」
熊田「初めまして[^^]」
自分「“Knock Out”を観て以来のファンです」
熊田「ありがとうございます」
自分「実は買えなかったんですけどね……」
熊田「いえいえ……」

余計な一言を言ってしまった(^^;)
ちゃんとネットのダウンロード販売では手に入れたことを伝えておくべきだったか? いや、冗長になるから会話は簡潔なほうがいいのだ、と自分を慰める。

二人とも600人ちかく握手した後だったので疲れていたのか、ちょっと元気が無かったような気がした。
なによりも目の前にいる人を絶対取り込んで自分のファンにするぞ!というような意気込みが感じられなかったというか(苦笑)。
まぁそんなほんわかした雰囲気も良かったといえば良かったのですが、テレビなどで見る時の元気な印象はあんまり無かったです。

さてこの握手会が良かったのは、事務所の意向なのか書店側の意識の問題なのか分からないけど、ひとりひとりの時間を十分に取ってくれていることだ。
ぼくは会話を一言二言で終わらせようと短めに考えていったけど、せかされることも一切無かったので、あのままもう少しくらいは話せていたと思う。
この辺の雰囲気は並んでいる時に前の人たちの様子をうかがおうと思っていたのだが、階段昇って右に折れるとすぐに熊田・安田の二人がいて、そんなヒマが無かった。
荷物預けてすぐに自分の番になってしまうのだ。

だからといって握手会自体になんの不満もなく、非常に良い雰囲気だったと思う。
ただ、自分が舞い上がっていたのと、会話を短めに切り上げてしまったので、ほんとにアッというまに終わってしまった感じだった。

安田美沙子さんには11月6日と、うまくいけば同14日に再会できるので、その時を楽しみにしたいと思う。
14日のはSabra別冊だから、写真集の内容にも二重丸で期待してしまう(^^)

ところでこんなページが集英社のページであるんですが、ここのサンプル画像って写真集本体にも収録されてないのがあるみたいで貴重です。
よく見比べたら載ってるかも知れませんが、許して(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W21SAのバカぁ(T_T)

最新型の携帯電話を渡り歩いて使い慣れている方には常識かも知れませんが……

スケジュール機能のあるW21SAは、本体の主電源を切っていても、
予定の時刻になるとアラームを鳴らすため電源が勝手に入りやがります。

映画やコンサートの上映・開演前に間違いなく電源を切っていても、
このせいで派手に鳴り響くことの無いようお気をつけくださいませ。

バイブレーション・モードにしといても、けっこう携帯の振動って気になるしね。

……今日、鳴らしてもうた(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「タイタニック」にハイビジョン・マスター版?

先ほどNHKのBS-hiでオンエアされてた「カッティング・エッジ・映画編集のすべて」というハイビジョン特集を見てました。
途中で映画「タイタニック」を引用したところがあったのですが、その画質がどうもハイビジョン解像度らしい。
「タイタニック」のDVDは非スクィーズだったり、wowowなどでオンエアされてもトゥルー・ハイビジョンでなかったりと、個人で所有できるメディアでの画質面で恵まれてなかったのですが、どうやらハイビジョン・マスターもあるんじゃん(^^;)

ならば心配することは無い。いつかオンエアなりパッケージ販売でもっと高画質のが出るだろうから、静かに待っていれば良いだろう(と楽観視(苦笑))。

それにしても台風による豪雨のため、途中で画像が乱れたり受信できなくなったのはつらかった、今日の衛星放送(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊福部昭 卒寿記念コンサート、オンエア@BS-hi

今年の5月31日、伊福部先生の卒寿(卆寿)の誕生日を記念して行われたコンサートが放送されるようです。

2004年 11月6日(土) 23:00 〜 7日(日) 02:58 BS-hi 「 伊福部昭 卒寿記念コンサート」
曲目等詳細はこちら

7月にもオンエアされてたみたいですが、その時は気づかず(T_T)。

今回オンエアされる曲のリストを見ても7月と同じ顔触れですが、次の ピーター・ゼルキン ピアノ・リサイタルと合わせて4時間近くも枠があります。
7月のオンエアでは55分枠で抜粋版でしたが、ピアノ・リサイタルだけで3時間もあるとは考えにくいので、今回は完全版での放送を期待したいところ。

このコンサートにはぼくも行ってきたのですが、圧倒的な演奏でした。日本的な旋律が乱暴なまでのパワーをともなってオーケストラで演奏される。
伊福部先生が作曲をこころざされたきっかけが、ストラビンスキーの「春の祭典」を聴いたからだというのもうなずける楽曲の数々。

必聴!

コンサートの模様を完全収録したCDももうすぐ発売になる模様。

「伊福部昭の芸術(8)特別篇 卒寿を祝うバースデイ・コンサート 完全ライヴ」

これは買いだ!

途中で伊福部先生にゴジラの着ぐるみが花束贈呈するシーンもあるので、できればCDではなくてDVDや今回のオンエアの映像で見たいですね。

この日のコンサートの模様はいろんなblogや日記につづられていますので、そちらをお読みになったほうがぼくの文章よりも当日の感動が伝わるかと( ̄▽ ̄;)

開田あやの猫津波日記(5月31日分)

松浦晋也のL/D「伊福部昭90歳記念コンサートに行く」

blooming*sound*blog「伊福部昭卒寿記念コンサート@サントリーホール」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語でしゃべらナイト(10/18)

今日のパックン英検は三問とも正解したぜ(^^)v 釈ちゃんよりも先にね♪

佐渡裕さんのお話は面白かったなぁ。英語の話だけでなくて、音楽やバーンスタインにまつわる話とか。
バーンスタインが頭の中では関西弁、ってのには笑った笑った(笑)。

さて、来週の「英語でしゃべらナイト」にゲスト出演される上原ひとみさんですが、その前に今日19日(火)の昼にBS-hiで、その後21日(木)のNHK-G、以降再放送で「夢・音楽館」に出演されます。
もうひとりのゲストはアッコちゃんこと矢野顕子さん。こちらも以前「英語でしゃべらナイト」に出演されていましたね。

ということでぼくには見逃せないプログラムが続くのでした(^^)

「夢・音楽館」放送予定(こちらより)。


10月19日(火)BS-hi 14:30〜15:00
10月21日(木)総合 23:15〜23:45
10月26日(火)総合 1:55〜2:25
10月27日(水)BS2 3:00〜3:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿から一週間、初観戦から14年……

images/sennaもう一週間経ってしまった日本グランプリ。

今年はホンダがF-1参戦40周年だそうで、それを記念して決勝の直前に往年の名マシンを実際に走らせるというイベントがありました。
詳細はこちら「F1参戦40周年記念『Honda F1記念パレードラン』」

MSNのニュースにも詳細はあったけど、「ジャック・ラフィ」のことを「ジャック・ラフィット」とか書いてあるからリンク張らない(笑)。
# けっこう検索で「ラフィット」でひっかかるのね(^^;)

ここでマクラーレンのMP4/6(1991年)も走ったのですが、感慨深かったですねぇ。

ぼくが初めて生でF-1を観たのが1991年で、その年の日本グランプリの優勝車ですからね、MP4/6は。
優勝ドライバーはベルガーでしたが、実質的にはセナの勝ちみたいなもので。スプーンカーブからバックストレートへと向かうところでベルガーをセナがパスした瞬間を、今は無いI指定席の最上段から観たものです。

セナが生きてれば44歳かな? たぶん引退してて、このパレードランにも招待されてたんだろうな。現役時代よりちょっと太ったりして、柔和な顔つきでニコニコしながら運転してたんだろうな、なんて想像したら泣けてきた……(T_T)。           

画像はぼくが撮った1992年のMP4/7です、悪しからず(^^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イノセンス限定DVD BOXが早い者勝ち!?

予約のキャンセルでも出たのか、長いこと「現在お取り扱いできません」だった「イノセンス」の限定ボックスがamazonで入手可能に!

ちょっと、いやだいぶ高いけどイノセンス DVDコレクターズBOXのほうは定価で1点のみ在庫有り。

B0002IS19W.09.TZZZZZZZ.jpg今回の「イノセンス」DVDボックスの中では個人的に一番お奨めの「イノセンス リミテッドエディション VOLUME 1 DOG BOX」、 バセットハウンド犬のオルゴール付きアートフィギュアが付いててこの価格は安いと思う。
こちらは20%オフだもんね(^^)


コレクターズBOXはすでにウチには届いてるんだけど、未開封だ(^^;)
ナウシカの王蟲のフィギュア付きのBOXも未開封だ(^^;;;;;;
まだこれ入手可能だったのか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安田美沙子さん11/6イベント整理券入手

11月6日開催の安田美沙子さんカレンダー発売記念握手会の整理券は、本日13時頃450番まで出てますぅ〜(^^)

代金払う時「一本でいいんですよね?」と訊かれた。
カレンダー二本買うと生写真が三枚もらえて、うち一枚には直筆サイン入りだとか。
う〜ん、アコギな(苦笑)。カレンダー二本も買ってどこ飾れと……、あ、保存用にもう一本という暖かい思いやりなのか?(^^;) どうせ二本買うなら生写真にサイン付けてサービスしますよと。
おおっ、なんて思いやりのある商売なんだ! もう一枚もらってこようかな(^^;)>握手券

14日のぶんはまだ出てませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安田美沙子さん熊田曜子さんイベント情報続々と

こちらで案内した10月23日のイベントですが、整理券が追加で400枚出てるらしいです。
しかも福家書店のイベント案内ページによればまだ配布終了してない様子。

他にも11月6日に安田美沙子さん握手会11月7日には熊田曜子さん握手会、それぞれカレンダー購入者に対して。

さらに小学館Sabraからも写真集(ムック?)が出るらしく、11月14日にもイベントが。

安田美沙子さんのイベントならそれぞれ行けそうだけど、熊田曜子さん11月7日のは無理そうだなぁ……。
その日は18時には川崎にいないといけない(T^T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国際映画祭で4Kデジタルシネマ「失楽園」を上映

こちらの記事より。

35mmフィルムからテレシネしたDCI標準化案準拠の4K(4,096×2,180ドット)、24fps、RGB10bit映像を採用。……

テレシネじゃないよ、フィルムスキャニングだよう(^^;)
テレシネとフィルムスキャニングの違いも分からない人はこーゆー記事書くなぁああああああ。
そもそも4kで10bitにテレシネできるマシンがあるのかどうかぶつぶつ。

あ、でも、発表資料自体が間違ってる可能性もあるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイからcocolog

携帯電話から当blogが見れるんですね。
こちらで検索してやると携帯用のURLが出ます。

当blogのURLは

http://web.or.tv/m/moburl.cgi?subdomain=hommac&domain=tea&name=

全角カナが半角に変えてあったり、許せんな(笑)。一応全角・半角の違いは数字やアルファベットでは気を使ってるのに。

うちはけっこう長文の記事が多いので、携帯で見るのには適さないかも知れないですね。
自分のblogを携帯でチェックってあんまりしないしなぁ(^^;)
あ、携帯から投稿したのをすぐにチェックできるのは便利かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安田美沙子・新写真集情報詳細など

自分で新写真集の発売を告知しといて、F-1観戦で忙しくて買うのすっかり忘れてた(T^T)

ということであらためて、


4063078590.09.MZZZZZZZ.jpg←「Memories—安田美沙子写真集」
今日、会社帰りに買ってこ。

「P—PYRAMID GIRLS×WEEKLY PLAYBOY—」
これがこないだ福家書店でぼくが握手会の整理券もらってきた写真集ですね。
熊田曜子さんにも会えるので、楽しみ楽しみ(^^)

「安田美沙子 2005年度 カレンダー」
カレンダーも出ますね。
来年のカレンダーは釈ちゃんのをローソンで予約してあるんですよね。生写真付くらしいし。
あ、安田美沙子さんのもローソンやファミリーマートで買うと生写真付いたっけな?
でも、二つも三つも買っても貼っとく場所無いしな(^^;)

このほかにも今日発売の週刊プレイボーイやヤングチャンピオン、 BOMBにフライデーに、もう買いきれないほど雑誌ブラビアがいっぱい!買いきれないので買いきれてません(><)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

嗚呼、無念の4位……

はぁ〜、もう二日経っちゃいましたね。

日本人ドライバーが日本グランプリでの自身最高位を獲得したのに、これほどサーキット全体に無念の思いが広がっていたのは初めてだったのではないでしょうか。

二年前にジョーダンでの自身初ポイント獲得、昨年のBARからスポット参戦でいきなりの入賞のとき、どちらもサーキット全体が熱い興奮に包まれていたのに、今年はなんとも重苦しい雰囲気でした。
レースが終わる前に帰ってしまう人もいたりして……。

予選4位で迎えた決勝、マーク・ウェーバーはほっといてもその順位を保つことはないでしょうから(笑)、3位表彰台以上は確実。ラルフももしかしたら落ちていく。
ならばあわよくば優勝もありえる!?
これまでの日本人ドライバーは上位陣の脱落やアクシデントがあって初めて入賞〜表彰台を得てきてた。
でも、佐藤琢磨は自力でそれ以上の成績を狙える位置にいる初めての日本人ドライバーだ。
そんな期待の中で行われたレースだっただけに、4位では誰もが満足していなかった。

琢磨がアメリカGPで表彰台を獲得していなかったら、また違ったんでしょうけどね。

琢磨はこんなところで終わるドライバーじゃない、と誰もが思っていたのだと思う。

3位表彰台の次は2位、そして勝利。母国グランプリで毎回なにかをやってくれた琢磨だからこそ、今回も自己最高位以上、すなわち2位〜優勝すらありえるのではないか。
ああ、それなのにそれなのに……。

このままでいくと来年のBARのエースドライバーは琢磨になるかも知れない。
今年の残る最終戦での活躍はもちろん、来年の琢磨は開幕数戦のうちに初優勝を遂げ、シリーズランキングでも躍進を遂げる。そう、ホンダの成長とともに。
そんな夢を見させてくれるドライバーだ。

早速来年の日本グランプリのチケットの予約入れておきました!(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦の日曜日

鈴鹿サーキット全体は雲に覆われていますが、伊勢湾は陽光にきらめいてます。
路面はまだ濡れていて、30分後スタートのプレクオリファイは波乱含みになるかも?sa310029.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿に雨が…

先程午前二時ごろから降りはじめました(;_;)
朝までにやんでてほしいなぁ…。sa310028001001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れてきました(^O^)

鈴鹿はすでに晴れてきまして、少し汗ばむほどです。けっこうたくさんの人が集まって来てます。自由席の席取りの人たちかな?sa310026.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンパネラでランチ

サーキットホテル味の街の中のレストラン「カンパネラ」でランチ中。台風で遊園地は閉鎖されてるらしいのですが、ここは通常どおり営業中。だってレース関係者も食事に来ますからね。
さっきも「道を開けてくださ〜い」などと声がするので振り替えったらロン・デニスが。間を開けてクルサードも。マクラーレンご一行かとおもったらバリチェロも別隊で。

こんな場所なのでファンがたむろしてサインや写真を欲しがり、それで関係者からクレームが来たらしく、いまでは時間によっては自由にレストランエリアへの出入りはできません。ランチや、ディナーのキャンセル待ちを取れた人だけが90分程度の時限許可証をもらって入れるようになってます。

あ、バトンとデビット・リチャーズだ。子供がサインもらってる。う〜ん子供特権(^_^;)

ぼくも10年くらい前にカンパネラで、当時F1の前座のF3に出てたジャツク・ビルニューブ見たっけ。「ジル・ビルニューブの息子だよ」って同席してた知人に耳打ちしたけど、まわりの人も含めて誰も気付いてなかったというか、知らなかったみたい(-.-;)
他にアレジも見たことあるなァ。

あ、今度はトゥルーリだ。彼も何年か前に温泉でも見たことある(笑)。
あら、ブリアトーレだ。
今年は十年分くらいまとめて関係者に遭遇したよう。

関係者の画像じゃなくてスイマセンm(_ _)msa310021.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の一日目、終了

フリー走行二回目も雨。インターバルの間は雨足も弱まったものの、セッション始めには一度目にも増して強い雨。幸い風はほとんど無く、寒いけど耐えられないほどではありません。
そんな中、各車けっこう走ってくれました。
しかし雨足が本格的に強くなってきたセッション終了15分前ごろからは一台も走らず。
最後の最後にこの日本グランプリがラストランになるオリビエ・パニスが一周してセッション終了。

そのあとは あじさいというサーキットホテル内の和食レストランで早めの夕食をとり酔っぱらっていい気持。
温泉に三時間もつかってメールチェックしたら、明日の予選含む全ての予定がキャンセルですと!?

そりゃあ歴史上(観測史上?)十指に入るほどの強力な台風だそうだし、ことに三重県の明日までの雨量は5〜600ミリというトンデモナイない規模だし、予定キャンセルというのは賢明な判断だとは思いますが…。

なにもすることねぇ(-o-;)
行くところもねぇ(-.-;)
車の中閉じ込められて一日じゅうかい…。

飯食えるかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨だぴょん

寒いです、汗が冷えて(>_<)
日曜は晴れるみたいなのでみんな走らないかなぁ、と危惧してたのですが、思ったよりは各車出てきました。
カメラは防水じゃないので操作、ことにフィルム交換がつらい(ToT)
そんなこんなの第一セッション。インターバルは二時間。ひえぇ(-o-;)sa310020.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦い済んで日が暮れて…

いや、なにも戦いなんて始まっても終ってもいないんですけどね(^^;)
やっと一日目が終りました。

木曜のピットウォークの影響で人がだいぶ増ええました。
例年なら遠足の小学生にF-1の客も混ざってるって感じだったのに、金曜並の人。ただしグランドスタンド周辺のみ(^_^;)
グッズ売りの仮設店舗も例年なら設営が始まる(あるいは完了)のが木曜だったのに、今年は普通に営業していました。

設備やサービスも年々よくなってる面もあれば、以前より堅苦しくなったりしてる所もある。

(四時間ほど経過)

今はクアガーデン(サーキット併設の温泉)でひとっ風呂浴びてビール一口飲んだところ。
ふぃ〜っ。極楽ぅ。これができるようになっただけでも大感謝だなぁ。

2006年以降も鈴鹿でF-1が開催され続けますように。sa310019.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿木曜ピットウォーク

あ〜、結局不眠不休でピットウォークに参加してしまいました。疲れたァ。眠い。

'93年には正真正銘のパドックパスを手に入れてピットウォークしたこともありますが、相変わらずF-1のそれは面白くない(-o-;)

ぼくが動いてるマシンのほう方が好きだということもありますが、触れるほどそばまで行けるわけではないし、そこにドライバーが居るわけでもないし。
幸運な人たちは抽選でドライバーのサイン貰えてますが。

しかし、木曜の段階で三万人(抽選枠分で、実際はもっと少ないと思われる)もの人たちが集まるのはたぶん初めてだろう。

このピットウォークはスペイン、アメリカに次いで日本が三番目の開催だそうだ。他の15ヵ国では行われていないとのこと。
ぜひ来年以降も続いて欲しいな。
でもそうすると、駐車場争いが激しくなるのは嫌だなァ(^_^;)

あっ、ミナルディで女性がコックピットに座らせてもらってる。いいなぁ。こういうサービスあるなら大賛成o(^-^)osa310013001.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝ァ〜

おおう、血のように赤い朝日だ。伊勢湾よりsa310011001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F-1観戦中

最近更新をしてませんが、決して飽きたとかネタが尽きたってわけではありません(-.-;)今日から三重県の鈴鹿でF-1観戦してます。3:30ごろ着いたところです。
その準備で忙しくて、更新してるヒマがありませんでした。なにせ車は4日の雨の中で有楽町マリオンのド真ん前でエンストするは、その修理対応で丸一日潰れるは(ToT)
もうちょっと早く着いてれば正面ゲートから多少は近い所に車停められたかなぁ…。歩いて15分くらいかかったってことは、1キロくらいあるかな(*_*)地面が舗装してないところなので、雨の降ったら泥ドロだなぁ。
今年は木曜にピットウォークがあるためか出足がすごく早いです。
悪いことばかりじゃない!佐藤琢磨の走りに期待しよう(^o^)/
ってことで、深夜の鈴鹿サーキット正面ゲートより。sa310010001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不覚!第9回宮崎国際音楽祭

うかつだった、録り逃した……。
どのくらい前だったか、たぶんNHK BS2だったと思うのだが「宮崎国際音楽祭管弦楽団」という耳慣れない名前のオーケストラの演奏を放映していた。

このえらくローカルな名前とは裏腹に、指揮シャルル・デュトワ、コンサートマスター徳永二男、ホルンには千葉馨という「なんだこれは!?」というくら凄い面子である。

千葉さんは以前N響の首席奏者だったのだが、ぼくがオーケストラに興味を持った頃に退団なさっていて、ほとんど聴く機会がなかった。しかし千葉さんが乗っている演奏に幸運にもめぐりあうと、全くミス・トーンが無く、さらに音色も音程もアタックも、もう全てが完璧なのだ。落ちた(失敗した)ところを聴いたことがない。チューバの多戸さんも「あれくらい上手いと嫉妬すらしない」とおっしゃっていたっけ。

不勉強なのでその他の演奏者の方は知らないのだが、もう上記の三人を見ただけであとは推して知るべし。
演奏していた曲はリムスキー=コルサコフの「シェーラザード」、管弦楽曲とはいいながら全てのパートにソロの有る協奏曲みたいなものだ。これを見事にこなしている。
見たところ若い奏者も多いのだが、素晴らしいの一語に尽きる。日本人主体で構成されたスーパーワールドオーケストラみたいなものだ。

「シェーラザード」は高校生の頃だったろうか、オーマンディ/フィラデルフィアの演奏がNHKで放送され、それをビデオに録って何度も繰り返して聴いたものだ。ぼくの好きな曲の一つで、そのイメージを全く壊さないで宮崎国際音楽祭管弦楽団はやってのけた。

この演奏を聴いて、録画してないことを悔やんだものだった。

それが昨夜、BS-hiで再放送されていたのだ。不覚だ……。途中から見て、あらためて「凄い演奏だ」との思いを新たにした。
年末から年始にもう一度くらい再放送してくれないだろうか。メールでNHKに要望を出しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MTV SCREENで「アイ,ロボット」特集【釈由美子?】

10月2日21:00〜オンエアの“ MTV SCREEN ”で「アイ,ロボット」 の特集をやってました。
ジムでバイクこぎながらだったので途中からしか観てないのですが、試写会の模様も少し流れて、釈ちゃんも画面の脇に。
ウィル・スミスがキスしてたシーンもあったのかどうかもわかりません(T_T)

MTV SCREEN ”の番組自体はリピート放送があるんですが、この「アイ,ロボット」はスペシャルだったらしくて再放送枠が10月10日まででは見つからない(T_T)

ちなみに通常の“ MTV SCREEN ”は松尾スズキ監督の「恋の門」特集。こちらもなかなか面白そうでした。


こののページにもある、パンをくわえて全力疾走する女子高生のアイキャッチ(というのか?)、いいよねぇ(^^) カッコいいんだ、これがまた。
ほとんど江口寿史の世界だよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熊田曜子・安田美沙子10/23イベント整理券配布終了直前!

LIVE(笑)全部で600枚のところ ただいま596枚目!アブナイあぶない(-o-;)sa310006.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (1)

安田美沙子さん新写真集発売

あいかわらず当blogに検索エンジン経由でいらっしゃる方のキーワード1〜2位を争っている安田美沙子さんですが、別にここファンサイトでもなんでもないので新しい情報無くてごめんなさいね(^^;)

ということで、新着情報など(笑)。

◆安田美沙子写真集『Memories』

  所属事務所も「これ以上はあり得ない!」と呆然とした衝撃SEXYショット!!

  「アイフル」のCMモデルで大人気! サントリービールのキャンペーンガールとしても活躍するなど、大ブレイク中のアイドル【安田美沙子】が MAX露出に挑戦した写真集『Memories』がついに発売!!

  超ビキニショットや妖艶なランジェリー姿が続々! バスタオルから豊かなバストを大胆に覗かせる入浴シーンなど、もう「これっきり」な写真がマン載!! 美沙子のすべてを豪快にホオバルベシ!!(Web現代のメールマガジンより)

いやなんかもう、すごい惹句ですが(笑)。
10月9日には銀座の福家書店で握手会もあるそうです。
残念ながらこの日ぼくは東京にいないので行けません(T_T)。ああ、はじめての安田美沙子ちゃんが……。

このほか講談社のimage.tvや、ヤンサンビジュアルウェブでは9月に引き続いて10月もウェブグラビアに登場しています。

他にも熊田曜子さんとツーショットグラビアで週プレにも載ってますが、それに関連したオムニバス写真集が出て関連イベントもあったり、トレカも出るんですか? 福家書店新宿サブナード店でイベント入ってるみたいですね。イベント情報はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山ブックセンター営業中!

LIVE(笑)これから寄っていきますo(^-^)osa310005.JPG

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »