« ティーレマン/ミュンヘン・フィル@サントリー(11/4) | トップページ

諏訪内晶子vn/クリストフ・エッシェンバッハ/パリ管@サントリーホール(11/8)

ティーレマンショック冷めやらぬまま、あんなブラ1は他では聴けないのでCDを聴くでもなく、とりあえず手持ちのブル5を片っ端から聴いてる今日この頃。
なんとかチェリの東京ライブ盤で飢えが癒されるも、アーノンクールWPhでは速過ぎるなどと贅沢になってしまいました。
それでもチェリのEMI盤、カラヤンBPO盤、ヴァントのケルン放送響盤などまだまだ手元にあって、さらにティーレマンMPO、ヴァントBPOのSACD盤、ショルティCSO盤などをHMVネットショップのショッピングカートに入れてある……(未発注)。

そんなわけでゲルギエフ/マリインスキー管の演奏も良いことは良かったけど、ティーレマンの衝撃を上回ることなく、昨夜は今日と同じパリ管だったが假屋崎省吾の会場でのふるまいに不快感を覚えて演奏の印象が三割減て感じで薄まって。
このままでは今年の11月の来日オケのシーズン(在京オケも聴くけど)のこれからが味気ないものになってしまうのではなかろうか、最初に超弩級聴いちゃって困ったなぁ……などと思っていたんですが、それをひっくり返す演奏に出会ってしまいました。

オケは昨日と同じパリ管弦楽団(ぼくと同い年だそうな、創立以来)、指揮はクリストフ・エッシェンバッハ(フィラデルフィア管&ヨーヨー・マで聴いたっけ)、場所はこの六日間で5度目のサントリーホール。

まずはチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルト、ソロは諏訪内晶子さん。
期待してたんですよ、久々のS席正面から(笑)のチケット、しかも運良く三列目センターブロックが取れてしまった。

諏訪内さんの演奏は今年になるまで聴いたことがなく、5月にミューザ川崎でクリストフ・フォン・ドホナーニ指揮北ドイツ放送響とのメンデルスゾーンの協奏曲を聴いたのが初めて。
有名な曲で、席もかなり良い席だったので、印象的ではあったんですが……、メンコンじゃ巧いかどうかぼくにはわからない(^^;)

そこで聴き慣れたチャイコンならどうだ、というリターンマッチ(というほどのものではないが)が今回。

さてさて……。

た、魂もっていかれました。
かっけ〜。

なんていうか、熱い、超絶技巧……というと違ってしまう。
女性らしい、とも違う。

ただもう、カッコイイ。

第一楽章前半からはやくも弓の毛が切れたり、途中勢い余って音がひっくり返ってしまったことが一回(二回かも?)あるほどの熱演でしたが、汗のほとばしるような熱演とは違う、といって醒めてるわけでは決してなく、カッコイイんですよ!

それであの美貌。

もうほんと、一生ついてきます!って感じ(笑)。

第一楽章が終わった時、エッシェンバッハが小声で「ブラボー」と諏訪内さんにささやきかけ、笑顔で応える。
うん、今日はいい感じなんだろうな。

オケも、昨日のラン・ランとのベートーベンのピアノ協奏曲やベルリオーズ幻想交響曲とは印象がぜんぜん違って、金管が華やかに鳴っている。
ホントに同じオケか?と思ったくらい。
弦も、一番最初の1stヴァイオリンの音が柔らかで、それだけで背筋がゾクゾクッ!とした、これは名演になるに違いない、と。

前から三列目の席は、諏訪内さんの弓の擦過音とハーモニクスが同じくらいの音量で聴こえるくらいに近い席で、そりゃもう大迫力。
オケのトゥッティでもソロ・ヴァイオリンがかき消されずに聴こえてくるくらい。

諏訪内さんとエッシェンバッハのアイコンタクトもばっちり見て取れる、うん、すばらしい。

もうたまりません。

全オレが泣いた!

でも、昨日のラン・ランはサイン会やってたのに、諏訪内さんやってくれないのね、しょうがないよね、うん。
ということでCD買うのは今度にしようw


休憩挟んで、ラベルの「ラ・ヴァルス」とストラビンスキー「火の鳥」組曲。
こちらも名演で、諏訪内さんの演奏の興奮冷めやらぬせいもありますが、聴いていて体が熱くなってきました。
ブルックナーとはまた違った華やかな音色の饗宴、オーケストラって素晴らしい。

ああもうお腹いっぱい。
アンコールになにやるの、って、なんだ、サキソフォンまで入ってきて管楽器がだいぶ増えてるぞ。
まさか……ボレロ!?
15分もある、別の日にはメインのプログラムだった曲をアンコールでって、贅沢過ぎ。

これも凄かった。
凄い凄いじゃ凄さは伝わらないでしょうが、華やかなラヴェルのオーケストレーションをカンペキに聴かせてくれました。
途中ね、そりゃ細かなミスはありました。なんで出番前のクラリネットが「ピ〜〜」とかいってマウスピース鳴らしちゃってんのよ、とか(笑)。
あと、フルートとミュート付けたトランペットが一緒に吹いてるところ、節回しが微妙に違って違和感があったりとか。
でも、トロンボーンのソロは完璧(生で完璧なの聴いたの初めてかも)。

音の洪水、溺死注意。

エッシェンバッハの指揮は、というか、指揮してないし(笑)。
じっと立ってるだけ、手はもしかしたら小さく動かしてるのかも。
途中は頭振って指揮代わり、面白れぇ(笑)。

最後の最後に手を使って、転調ののちあっというまの終結。

怒濤の拍手。

こういう曲は音を響かせて余韻を楽しむというより、フライングブラボーでも許すw


蛇足ながら細かいところで気づいたこと。
ハープが黒いんですよ!初めてみた。ピアノみたいな仕上げになってるのかしら。

これでまたしばらく生きていける、っつーか土曜日は日比谷公会堂でショスタコだよ、しかも二日連続。
死ぬ。
きっと死ぬ。
死の週末。

|

« ティーレマン/ミュンヘン・フィル@サントリー(11/4) | トップページ

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67384/17019999

この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪内晶子vn/クリストフ・エッシェンバッハ/パリ管@サントリーホール(11/8):

« ティーレマン/ミュンヘン・フィル@サントリー(11/4) | トップページ